大学生が糞尿を撒き散らすブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
ブログってのは最初だけバンバン書いてだんだん更新しなくなるのが世の常だと思うけど、別の観点から見れば俺の常でもある。というのは俺はたとえば、マラソン大会等の各種長距離走においては最初とりあえず快速でとばしてあとはタラタラと抜かれていくだけ。という風なクセがあって、その他レタリングなどしていてもいちばん上にでっかく書いちゃってだんだん小さくなるみたいな?そういうのがある。
でもいまんとこ人生はスタートダッシュしてないから大器晩成であってほしいと願いながら冬の空を見上げたら、曇っていた。
スポンサーサイト
[ 2008-11-25 (Tue) 23:23 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
高学歴帰国子女超絶美人キャバ嬢に弄ばれて数億貢いで借金地獄になって自己破産して死にたい。
そのために頑張って働くためにまずはいい就職口を見つけようと思います
[ 2008-11-22 (Sat) 00:08 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
っていうウルトラ中二病他人を見下す若者的発言を学校で久々に会った知人にしてしまった。言った瞬間しまった!と思ったがもう遅いし逆に開き直ってなんすか?わるいっすか?え?だってお前も自分が面白いって自信あんの?にやにや。っていう態度を取って気まずくなったのを気にする素振りも見せずそっこーそいつと別れて図書館のトイレで三回くらい吐いて今こうしてチャーハン食ってるってわけ。みんなも失言には気をつけようね。
[ 2008-11-19 (Wed) 22:18 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
昼夜の逆転というよくいわれる言葉があるけど一見その通りに思えるが別に昼夜が逆転しているわけではなくてむしろ心情的にも夜起きてしまっている感じに一種の背徳的なサムシングを感じているのに違いないのだから、昼夜が逆転したんではなくて夜に惹かれる人間なんですということでその自分の退廃性をも認めたいと俺は思う。それはいいとして昼夜の逆転って3回くらいつぶやいていたら急にチューヤンの逆転という言葉を思いついて、チューヤンの逆転とはいったい何を指すんだろう?と考えてみたが、チューヤンはそもそも今逆転するほどの劣勢に立たされているのだろうか?というか彼は今何をしているんだろうか?と思って調べたら日本芸能界を引退して香港に帰ってラジオパーソナリティをしながら体調の悪い父親のそばで暮らしているらしい。電波野郎のくせに親孝行とかしやがって生意気なチューヤン。今後も彼の活躍から目が離せない。諸悪の根源ブログでは今後ともチューヤンの近況についてのレポートを不定期に掲載していこうと思う。嘘です。
[ 2008-11-19 (Wed) 03:24 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
ひさしぶりに聞いてる。やっぱりすごく心地いい。
2000年代を代表する名盤のひとつだと思う。
当初はレーベル契約なし、ネットで話題になってブレイク、普段は非常勤講師やってるおっさんたち。
というのが実に2000年代らしい現象だし。
[ 2008-11-16 (Sun) 04:33 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:音楽
約束をすっぽかしちゃった☆
[ 2008-11-14 (Fri) 16:16 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
女はおっぱいだ。
中学生、高校生、大学入学くらいまでは本気でそう思っていた。
女は当然おっぱいだし、ややもするとおっぱいでしかないのでは、とすら思っていた。
女性の他の体の部位・あるいは女性の心などはすべておっぱいの付随物にすぎないのではないか?などという倒錯したサイファイチックな妄想に捉われ、右も左も見えないような時期もあった。
今思えば、なんと愚かで浅はかな考えだろうか。若気の至りとはいえ、このような即物的かつ短絡的な、歪んだ女性観を持っていたことを深く反省している。恥ずかしながらもうじき二十一歳を迎える今になってやっとわかった。

女はお尻だ。


momomo





[ 2008-11-11 (Tue) 17:46 ]   Comment(1) / TrackBack(0)
   Category:雑記
「これってなんだか・・・」とか思ったのが昨日の深夜、今はもうそういう風にしか見えなくなってきた。
角度によってアレに見えたりむしろあっちに見えたりするのがまたいいんだよね。
不思議な生き物だ。

ka-bi
かわゆす
[ 2008-11-11 (Tue) 00:11 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
遊ぶ女はキライだ
[ 2008-11-09 (Sun) 22:42 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
 今日は昼ごろから出かけていた。女の子にモテそうなジャケットかなんかを買おうと思って街に繰り出したのだけど、なぜかジャケットではなく、「星のカービィウルトラスーパーデラックス」とかいうふざけきった名前のゲームソフトだけを買ってただいま帰宅したところである。こういう自分の間抜けぶりにはいい加減腹が立つんですが、まぁそれはそれとして、というかそれに関係する話でもあるんだけど、道中で急に「キューカンバー」という言葉がポッと頭に浮かんだ。

 キューカンバー。なんだか可愛らしい響きだこと。どこかスタイリッシュで都会的で明るくてポップで、それでいて切なさも併せ持っているような、そんな影のある魅力的な語感を持つ言葉だなぁ。と思ったのはいいんだけど、困ったことに肝心の言葉の意味が思い出せない。であるとしても現代人なんだから携帯電話でウェブにアクセスして調べればいいんだけど、ちょうど充電を忘れていたから電池も切れていて、調べるにも調べようがない。そうなると気になって仕方なくて、服屋に入っても「キューカンバーキューカンバー」と呪文のように独り言を唱えてしまう始末で、どんなかっこいいジャケットを見ても気持ちは上の空、というかキューカンバーを思い出そうというところからずっと離れられなかったの。でもだからといって通行人に「すいませんキューカンバーってなんでしたっけね?」とか聞いたら変人だと思われて近所の交番に通報されるとイヤだからそうするわけにもいかず、結局思い出せないままヤケクソでカービィを買っていま帰宅してパソコン起動して調べたらきゅうりのことでした。きゅうり。きゅうりというのはあの棒状の緑色の野菜で、カッパの好物としても有名だが、実はあれのほとんどが水分らしく、なんと世界一栄養分の少ない野菜としてギネスブックにも載っているような情けない野菜である。俺はそんな情けない野菜ごときを思い出せなくて半日も悩んで挙句の果てに女の子にモテるジャケットも買えないまま帰宅したのか?と思うとほんとうに虚しくなった。気分転換に星のカービィウルトラスーパーデラックスをやってほっこりした気分になってから緑茶を飲んで寝ようと思う。



pekyu
  こんなペプシもあるらしい。
[ 2008-11-08 (Sat) 20:13 ]   Comment(1) / TrackBack(0)
   Category:雑記
ポッキーの新しいCMがヘビロテ状態。
妙に印象的な音楽とダンスで、このCMが流れるたびについついテレビに顔を向けてしまうのだけど、しかし見るたびに感じる居心地の悪さ。
この違和感はなんなのだろう。大当たりしたガッキーCMで味をしめた制作陣のイヤらしさが全面に漂ってる!とでもいうべきなんでしょうか。しかしそれだけなのかなぁ?
残念ながら今の俺は、このモヤモヤした気持ちをこれ以上に表現できる言葉を持たない。
こういう漠然とした感覚を文章にできる人間がいわゆる文才がある人なのだろうと思うし、また言葉の訓練を受けている人なのだろうと思う。


あ、ギョーザが焦げた。

[ 2008-11-08 (Sat) 02:08 ]   Comment(1) / TrackBack(0)
   Category:雑記
不味い。
ペプシとヨーグルトのもっとも不味い部分をそれぞれ抽出していい加減な比率で混ぜ合わせたような、そんな味がする。



さっそく明日知人に薦めようと思う。



PEPSI
PEPSI & YOGURT FLAVOR
[ 2008-11-07 (Fri) 22:50 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
 突然ですが、オマンコは好きですか?

 デビッドリンチの「インランドエンパイア」 (2006)を観た。と言ってもずっと前だけど。この映画の終盤に、必死のジャパニーズイングリッシュで「膣に穴の開いた女の話」を延々とする女性が登場する。ここで気付いたのだけど、どうやら英語圏では膣(vagina)は「ヴァギナ」ではなく「ヴァジャイナ」と発音するようなのだ。ヴァギナとはドイツ語読みらしい。日本の医学用語は西洋医学導入の経緯上ドイツ語の影響が強いと聞く。そもそも考えてみれば「カルテ」もドイツ語っすね。
 
 さて、この「ヴァジャイナに穴の開いた女」の話をジャパニーズ・イングリッシュで話す女性を演じているのは、裕木奈江という日本人女優だ。俺はよく知らないけど、彼女は十数年前に日本国内でマスコミなどから酷いバッシングを受け、ヨーロッパで女優修行をしていた、という非常に特殊な経歴の人物らしい。それが今回たまたまリンチ監督の目にとまったんだと。ともかく彼女は、もうだいぶオバサンの筈にもかかわらず、率直に言ってとてもかわいらしい。そんなかわいらしい女性が真顔で「ヴァジャイナ」と口にする。俺はこのギャップの時点で既にたまらないが、しかしこれだけではエレクトには至らない。
 より大事なのは、彼女が日本人であり、またつたないジャパニーズ・イングリッシュで話すということである。普通、日本では女性が膣あるいはオマンコなどと口にしたりすることは少ない。アメリカ女性などは映画やら見てる限りフツーの女の子でも「asshole!」とか言ったりしててビックリするが、日本女性の場合そういうことは少ない。それ自体の良し悪しは別として、そういうことを普段は言わない日本の女の子が、英語だからってなぜかヴァジャイナとか言っちゃう。この日常の日本女のイメージと、海外に行って割り切っちゃったジャパニーズガールが延々とオマンコについて語る姿、このギャップこそが画面のエロスを加速させ、まさに俺の股間にダイレクトに迫ってくるのである。リンチの近作は、我々の「日常」に対する不敵な揺さぶりにあふれているのだが、それがこのような形でのエロに結実するとは思いもしなかったなぁ。
 
 エロはギャップに宿る。読者諸君はこれをよく心得て、彼氏/彼女とより良い性生活を送る糧としてほしいものだ。特に女の子はたまには彼氏に「オマンコきもちぃよぉ//」とか言ってあげてみてくださいね。小声でもいいから。



omayuki
若干卑猥な記事になりすぎましたね。気を悪くした人がいたらごめんなさいね。へっへっへ

[ 2008-11-07 (Fri) 00:58 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
 ご存知「メインストリートのならず者」(1972)はストーンズの大傑作どころかロック史上に残る名盤なわけですが、これはJSBXの前身、ジョン・スペンサー擁するプッシーガロアというジャンク・バンドによるアルバム丸々カバー。
 1986年にカセットだけで出されたものらしく、まぁ今回音源を手に入れて聞いてみたんですが、これは期待以上にひでぇな(笑)正真正銘のゴミクズチンカス音源、腐りきってます。大半の曲が原型をとどめず、やすっぽいギターがガシャガシャいってるだけ、さらにその上にまったく音程をとろうとしないヴォーカル。というかほとんどわめき声みたいなのがのたうちまわるから更に始末が悪い。俺の大好きな「ダイスを転がせ」とかもうムチャクチャで、途中から本家ストーンズの音源がかぶさってきたりしていてわけがわかりません。ジャンクといわれるジャンルの音楽をチマチマと聴いてきた俺ですが、これを聞いてやっとジャンクの意味がわかった気がしました。まさしく最高のジャンクアルバムでしょう。
 さらに言えば、結局ロックの素晴らしさってのは、ゴミクズが爆裂するのを堂々とかっこいいと言い切ることができること、だと思うんだけど、そういう意味ではこれ以上にかっこいいロック・アルバムがあるだろうか?いやきっとあるんだろうけど、俺はこういうゴミクズみたいなものがたまらなく好きです。
 でも通しで聞くのはものすごく辛いです。



stonespussygalore


[ 2008-11-05 (Wed) 23:15 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:音楽
『悪魔の発明』 原題:Vynalez Zkazy 1958年 チェコ

 チェコアニメの巨匠カレル・ゼマン監督、ジュール・ヴェルヌの有名な原作をもとにしたアニメ×実写の試み。ジブリが海外アニメのクラシックを国内向けDVDとしていろいろ発売してるので順に見てます。カレル・ゼマンは手始めに「クラバート」を見たところとてもよかったので、続いてジャケットに惹かれて「悪魔の発明」を鑑賞。
 まず1958年というのに驚き。陳腐な言い方になるけど「今見ても新しい」です。DVDジャケットから想像するにもっとアヴァンギャルドかという期待はあったけども、そうでもなく、むしろ絵×実写の融合がとても自然で、あるいは必然であるとすら思わされるのがスゴい。「クラバート」ほどの圧倒的瞬間はなかったが、1958年に作られた作品がいまだにオンリーワンだというのがなかなか感慨深い。逆に言えばフォロワーが生まれるような評価のされ方をしていない、これはシネフィルや評論家の怠慢でしょうな。そういう意味でも、こういったものを地道に紹介しているジブリは素晴らしいです。
 

幻想の魔術師カレル・ゼマン  悪魔の発明
akuma
ツタヤのジブリコーナーで借りられるんだぜ。
[ 2008-11-05 (Wed) 19:39 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:映画
歴史的な日でしょう。
そうあってほしい。
[ 2008-11-05 (Wed) 19:03 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
この記事のコメント欄において、ハンドルネームが致命的にダサいのではないだろうか、という旨の指摘をいただきました。
多くは語りませんが、ひとつだけ言えるのは、俺はみなさんが想像している、つまり
チューイ2

こんな感じではありません。
むしろ体毛は薄いんです。
銭湯に行ったら周りに比べて俺だけチン毛が薄すぎてヘンに恥ずかしかったりするんですよ。
[ 2008-11-05 (Wed) 18:57 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
回文。


デトロイト・メタル・シティの流行り方ってどうなんだろうか?メタラーの意見を聞きたいところ。
[ 2008-11-05 (Wed) 09:41 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記

ウーパールーパーかわいいって言ってる女はヤレる。

[ 2008-11-04 (Tue) 22:33 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
昔の女を思い出してするオナニーである






[ 2008-11-04 (Tue) 18:22 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
出したせいで学校行けなくなった。
あとはミカンがあればカンペキだね(☆ー☆)ノ
[ 2008-11-04 (Tue) 10:43 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
 あのへんの連中のファッション感覚ってのはかなりヤバい。
言いたいことはいろいろあるけど、基本的に素肌に一枚でなんでも着てしまおうというスタンスがファッキンクールだ。これ見よがしに乳首をチラ見せしやがって、お前らもいい年なんだから下着くらい着ろと。女装のつもりなんか知らんけど女でも下着くらいは付けるだろうと。
 とにかく出来る限りケバく、出来る限りキモくあろうとした彼ら、その不屈の悪趣味さに惜しみないリスペクトを捧げたい。そして、キモいのって最高にかっこいいやんけ。というこの間違った考え方は、リチャードヘルを経てこの後ロンドンで開花、世界中のガキどもの人生を狂わせるのだった。
 どっかのクソ掲示板のクソ板のクソファッションスレの小僧どもには到底わかんねーカッコよさだわな。



nydolls
ほらなんか、ず~っと見てたら俺たちが間違ってるんじゃないか?こいつらが正しいんじゃないか?という気になってきやしませんか。
めちゃくちゃだけどブレてない。俺たちのほうがきっと、ずっとブレてる。

[ 2008-11-04 (Tue) 03:23 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記

フェラがうまそう。

[ 2008-11-04 (Tue) 00:31 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
3玉100円。うまい。

独り暮らし3年目の発見。これだから人生はやめられんね。
[ 2008-11-03 (Mon) 23:51 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
 これなんかは前の記事とはまったく逆、腹立たしいだけのゴキブリフナムシうんこたれCM。薄給で学生ばっかり雇っといてなにがプロの教師だよ。ざけんじゃねーよ山師が。あくまで大人目線の、実に三週遅れの「遊び心」が苛立ちを増幅させる。そもそも今の子供がシェーとかイヤミとか書くわきゃねーだろが。知らねーよそんなもん。
 大人は子供のスピードに追いつけない。2008年、いったい誰が「崖の上のポニョ」や「スピードレーサー」という大傑作を真正面から評価できただろうか。シネフィル?評論家?映画ファン?
 俗物根性ここに極まれり。

speedracer
[ 2008-11-03 (Mon) 23:08 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
 イタリアのファッションブランド「DIESEL」の30周年記念として世界18カ国で同日開催されたミュージックフェスティバル・「DIESEL XXX」のCM映像です。

 これぞyoutube時代のおもしろさ、ポストモダンのおもしろさ、ポストパンクのおもしろさ、そしてポスト・ヒップホップのおもしろさ。この動画を見たすべてのクリエイターは、ジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」あるいはLasse Gjertsenの「Amateur」や「Hyperactive」に感じたものと同種の嫉妬を感じるに違いないし、感じるべきである。それが最大の賛辞でもあるのだから。


エロ注意。

Diesel XXX Party


(11/11)↑消えちゃってますんで、こちらでご覧ください↓



[ 2008-11-03 (Mon) 22:30 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記
諸事情によって目覚めたのが昨日の夜中0時前で、そしてこれからまた諸事情によって今日の0時くらいまで起きていなければならない、つまり計算の早い方などは既にお気づきの通りですが、24時間起床し続けなければいけないというわけで、これはまさに生き地獄である。
だから気を取り直そうと大好きなハッピーマンデーズの24アワーパーティピープルという曲を思い出して聞いてみたものの、はっ?なんでこんな能天気でノリノリなわけ?少しはこっちの状況とかも考えてもう少し深刻そうにしたらどうなんだ。このバンドは消費者をなんだと思っているのだろうか。大体バンド名からして腹立たしい。こっちは今から地獄の月曜日を過ごすというのに、こいつらはハッピーマンデーズなどとふざけきった名を名乗っているのである。今気付いたがこのバンドは俺を舐めているのか?ちょームカつく。しかし舐められて黙っている俺ではない、仕返しとしてCDを真っ二つに割って燃えないゴミとして出してきたのがさっきのこと。今は朝飯のチルド横浜餃子を食っているところである。

ま、24アワー・ダイナマ・ピープルな君たちには関係ない話だがね。プギャー


Happy Mondays - 24 Hour Party People






[ 2008-11-03 (Mon) 09:00 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:音楽
僕は最近アボリジニーの神話にハマっています。



嘘です。
[ 2008-11-03 (Mon) 07:57 ]   Comment(0) / TrackBack(0)
   Category:雑記



ブログ(笑)




[ 2008-11-03 (Mon) 07:26 ]   Comment(2) / TrackBack(0)
   Category:挨拶・お知らせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。